クレジットカードの支払が遅れるデメリット

クレジットカードは毎月締日と支払日が決まっています。
支払いは振込用紙で行う場合もありますが、現在はほとんどが口座からの自動振替です。
引落日になるとクレジットカード会社が、決済口座からお金を引き落とすシステムです。

もしクレジットカードの支払いが行われないと、クレジットカードの利用停止になることがあります。
いつも使っているクレジットカードが使えなくなってしまうと困りますよね。
他のクレジットカードを使えばいいやと思うかもしれませんが、公共料金などを支払っているクレジットカードだと変更手続きに手間と時間を要してしまいます。

クレジットカードの支払いが2か月、3か月と遅れてしまうと、個人信用上に「異動」の履歴がつきます。
「異動」は返済遅延を起こしたという意味です。
こうなるとブラックとなりますので、クレジットカードの新規発行ができなくなります。
住宅ローンなどの利用にも影響を与えてしまいます。

最終的にはクレジットカードの強制退会となってしまい、二度とそのクレジットカード会社のクレジットカード会員になることができなくなる可能性があります。

このようにクレジットカードの支払遅延をしても、良いことは全くないのです。