クレジットカードの返済遅延が起こりやすいのは

クレジットカードの返済遅延を起こしやすいのは、クレジットカードの利用金額が多くなってしまったときです。
決済口座の残高以上の利用になってしまうと、自動引落をすることができません。
そのため返済遅延が起こってしまうのです。

高額のものをクレジットカードで購入した後の支払日は気を付けましょう。
いつもと同じ感覚でいると、口座残高が足りなくなってしまうことがあります。
残高をチェックして足りないようでしたら、入金をしなければなりません。
またもう請求が上がっていたと思っていたい分が、遅れて請求になることがあります。
利用店舗の売り上げを上げる日が遅れると、数か月後に請求といったこともあります。
予想以上にクレジットカードの請求金額が高くなることもありますので、注意をしてください。

そして利用回数が多かった後の請求時も、返済遅延が起こりがちです。
海外で使ったなどいつもより高額請求になる可能性があるときは、口座に十分な残高があるようにしておきましょう。

クレジットカード自動引落ができなかった場合は、再引落はしていないクレジットカード会社が多いです。
振込みでの支払いとなることが多く、振込用紙が送られてくるかと思います。
その場合は速やかに支払いを済ませてくださいね。