クレジットカードの利用分には手を付けない

クレジットカードの返済遅延を起こさないためには、計画的にお金を使うことも大切です。
無計画にお金を使ってしまうと、クレジットカードの支払い分まで使ってしまうことがあります。
そうなると次の給料日まで支払いを待ってもらう・・・なんてことになってしまいます。
クレジットカードの支払いは、いつか返済をすれば良いというものではありません。
決められた支払日にきちんと支払えるようにしましょう。

クレジットカードを使った分だけは、口座に入れておくという意思も必要です。
ちょっとくらいならいいかな?なんて思っていると、結局口座にあるお金全部を引き出してしまい、クレジットカードの返済分がなくなってしまうことになります。

このような人は、クレジットカードは使わないようにする方が良いかもしれません。
しかしクレジットカードがないと困ると言う場面は多いですよね。
それならクレジットカードではなく、デビットカードにしてみてはどうでしょうか。
デビットカードは使った時点で、口座から利用金額が引落しされます。
決済口座に残高がある分しか使うことができませんので、返済遅延を起こす心配はありません。
支払い方法は異なりますが見た目や使用方法はクレジットカードと変わりませんのでおすすめです。