クレジットカードをあまり使わないようにする

クレジットカードの返済遅延を起こしてしまう理由が、返済するお金が足りない場合もあります。
それならクレジットカードの利用金額を減らすしかありません。
返済が苦しいのにどんどんクレジットカードを使っていては、ますます返済できなくなってしまいますね。

自分がクレジットカードの返済に回せる金額がいくらなのか考えましょう。
そしてその金額以上、クレジットカードは使わないことです。
公共料金だけになど、使う場所を決めてしまうのもおすすめです。
クレジットカードを使う場面が減れば、使う回数も使う金額も少なくすることができるはずです。
クレジットカードの返済もしやすくなり、返済遅延を起こしにくくなります。

今返済するのはキツイので、ボーナス払いにするクレジットカードの使い方もあります。
しかしボーナス払いに頼ると、返済遅延を起こしてしまうことがあります。
予想外にボーナスが減ってしまい、クレジットカードの返済ができなくなることがあります。
クレジットカードの使用を忘れていて、他にボーナスを使ってしまうこともあります。
ボーナス払いができるのはクレジットカードの便利なところですが、できれば利用しない方が良いでしょう。
クレジットカードは今支払える分だけを、使うようにするのがおすすめです。