クレジットカードの支払日を忘れない

クレジットカードの支払遅延を起こさないためには、支払日を覚えておきましょう。
クレジットカードの支払日は、どれも同じではありません。
27日など月末に設定しているクレジットカードもありますが、2日、5日、10日など、さまざまになっています。
クレジットカードを何枚も使っている人は、支払日もバラバラになってしまいます。
どれか1枚ではなく、それぞれの支払日を覚えておくようにしてください。

クレジットカードの支払日を忘れてしまっても、常にある程度の残高があれば問題はありません。
残高さえあれば自動的に引落されますので、返済遅延を起こすことはないからです。
クレジットカードの利用金額数か月くらいは、残高を残しておくのが良いでしょう。

しかし誰でもそれができるわけではありませんよね。
お金がギリギリで、口座残高がギリギリということもあるかと思います。
支払用の口座なので、クレジットカードの支払日が近づくたびに入金をしているというケースもあるかと思います。
その場合は口座にお金が足りなくて、引落ができない事態に陥りやすくなってしまいます。
クレジットカードの支払いを忘れていた!ということがないように、気を付けなければなりません。